借入金の弁済期限は延長できます

あなたがたご存知のように、借入金の弁済が遅れると手痛いペナルティが付きます。
しかし、諸々の事情で現金を工面できない時もあるでしょう。
仮に、補償期日までに返済できない可能性が高くなった時には、その時点で早急にディーラーに連絡して頂戴。連絡を入れておけば、事情を考慮してくれ、返済日を数日延期してくれる可能性があります。

それに、連絡をしないまま滞納すると、信用度が下がってしまいますから、絶対に連絡を忘れないようにしてください。なお、補償日になってから電話しても処理が間に合わないので遅延あつかいになります。

契約中のバンスディーラーではない、別の先貸トレーダーに契約の申請をした場合、以前の借入状況や返済履歴が要因でお金を借りられないといった話もよく聴きます。

仮に生計を一にする家族である場合にも、本人以外の名義を使って借入契約をすると法に違反することになります。
その行為を容認していた場合、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。使用目的が何であろうと借りられるのがカードローンの優れたところと言えるでしょう。申込む際に利用目的を聞かれても、たとえば予想外の出来事で急に入用だというような必ずしも大きな事に利用しなくても良いのです。ただ、「生活費の為」というのは毎月困っているのかと不信感を与えるので言わないようにしてください。

「他社の補償に充てる」なんてことはNGです。
他のことで評価が良くてもそのわけで審査は通らなくなるでしょう。